やまつみって何?

輪切りの山を積み上げるから『やまつみ』

 

標高20mごとに輪切りにされた山を、下から順番に積み上げていくから『やまつみ』。

(1/25,000シリーズは10m間隔)

作り方はとっても簡単なので、地図が苦手な人でも、とてもリアルな立体地図模型が作れます。

切断済みだから、作るのはとっても簡単!

 

等高線で切断済みなので、順番と向きを間違えないように1枚ずつ貼り重ねていくだけ。

位置を決めるための基準穴を使えば、山の形が歪む心配もありません。

山の起伏をリアルに再現

 

国土地理院発行2万5千分1地形図の等高線情報をもとに切断データを製作しているので、完成した模型はとてもリアル。

光の当たり方で変わる影が、さらに山の形を際立たせます。

1枚の厚紙が標高20m分

 

1/50,000シリーズの場合、1枚貼るごとに標高が20mずつ上がります。

作業は単調ですが、最後のパーツを貼り付けた時は、実際の山登りで頂上に到着した時のような達成感があります。

HOME企業情報個人情報保護方針
Copyright (C) 2011 有限会社キューアールシー